野球の競技人口

新ボールのことを調べていたらこんなことがわかった。

現在、全日本軟式野球連盟に加盟しているチーム。
社会人チーム38、014チーム
中学生チーム4,976チーム
小学生チーム14,925チーム
合計57,915チーム
これ以外に大学、専門学校、還暦連盟があり、1,020チームが登録。
従って総チーム数は58,935チーム。
軟式野球連盟では120万人と発表している。
この120万人の人々が毎週土日に全国で野球をやっていることになる。
野球を見にいくのではなく、自分がプレーしているのだ。
しかもこの数字は、我ら東深澤学園のようにまだ登録していないチームは含まれていない。軟式野球連盟では一体、どれくらいのチームが未登録なのだろうか?

グランドが取れないわけだ。しかもチーム登録数は前年比+904チームだ。
東京都連盟をはじめ10の支部は新規加盟を中止している。もう満杯状態なのだろう。

以上は軟式ボールの話。
硬式ボールは?
調べてみました。

高校生チーム4,219チーム(160、801c0013127_19411694.jpg人)
大学生チーム368(22,080人)
社会人チーム332(9,960人)
プロ野球チーム12球団(840人)
硬式ボールは4,931チーム 競技人口は193,681人
(面倒なのでリトルリーグとシニアリーグは調べていない)


次は準硬式というボールもある。
大学生チームが100以上((6,000人)ある。社会人チームは不明。

それにソフトボールという競技もあり、
女子チーム48チーム 男子チームが18チーム。
ソフトボールチームは66(1,980人)チーム。

軟式、硬式、準硬式、ソフトとざっと計算して64,000チーム以上になる。
登録しているチーム数だからこれ以上ということはあってもこれ以下ということはない。
競技人口は約150万人
そのうち120万人が軟式野球を楽しんでいる。
硬式野球の八割が高校球児ということになる。今やっているセンバツに優勝すれば16万人の高校球児の頂点に立つことになる。

それにしてもすごい数字だ。
選手、監督、スタッフの家族や友人を入れたらどうなってしまうんだろう。

私は以前から「TV中継がほぼ毎日あって、それを毎日10万人(6試合合計)以上が見に来る日本の野球というスポーツ」は一種異常ではないかと思っていた。(大リーグもそうだが)でもこうして数字を見てみると納得できる。競技人口だけで150万人もいるのだ。1試合平均2万人くらいすぐ見に来るわけだ。

毎週土日に
「グローブ持った?」
「お弁当入れた?」
「今日は打てよ!」
「自信を持って」
「行けえー」
「ナイスバッテイング!」
「集中してストライクだけ」
「自分たちの野球をやろう」
と全国で言っている。
[PR]

  by rei7955 | 2005-03-31 22:31 | 野球

<< 都立高野球部 新公認球 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE