済美 福井優也投手

スポーツニッポン 11月6日

保護者である父親の名前で報道各社にFAXした。
指名順位(4巡目)で評価が低いからとかいわれているが真実は不明。

高校球児が巨人を拒否というニュースは確かに話題性がある。
昔、桑田投手が早大入りを翻して巨人に入団したため、以降PL学園の選手は早大には入学できないという不文律が出来てしまった。(現在も早大にはPL出身者は一人もいない)
その教訓?でいえば今後巨人は済美の選手を獲得するか、という不安は残る。
当然、福井投手サイドはそのへんのことも覚悟で決断したのだろうから尊重してあげたい。

高校生は指名されれば即OKではないんだ、という一石を投じたことになったと思う。

当初は福井投手本人も歓迎していたらしい。(ドラフト指名の日にナインに胴上げされている)
指名から一ヶ月ほどでこういうことになったということは、交渉段階で何かがあったということだ。
松坂投手がドラフトで指名された西武入りを渋ったとき、西武球団は粘り強く説得して入団にこぎつけた。

それに比べ巨人の対応があっさりしているように思えるのは何故だろう。
福井投手の獲得を断念したと巨人が発表せず、父親が発表したのは何故だろう。

「巨人には入りたくない」という「明白な理由が発生した」からではないだろうか。




ランキングを見る
[PR]

  by rei7955 | 2005-11-07 19:12 | 高校野球

<< 亜細亜大野球部一部復帰 メジャーとの違い >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE