走塁&盗塁

■走塁&盗塁

ランナーとして塁へ出ると、昨日の飲みすぎを反省したり、思わぬ怪我をしたりと日ごろの運動不足を実感するときです。草野球で一番疲れる場面です。

<一塁に行ったら>
ヒットで出たり、デッドボールで出たり、相手エラーで出たりといろいろなケースがあります。一塁コーチャーと談笑してもかまいません。しかし足はベースを踏んで目は監督のサインを見てください。談笑しながらこれをやるとかっこいいと思われます。サインが出たら談笑しながら帽子のひさしを触ってください。監督はあなたを選手として大いに信頼するでしょう。
そしてあなたは
①何アウト何塁か
②パスボールのとき、ゴロのとき、フライのとき、ライナーのとき,自分はどうするか
③リード(けん制球が来ても戻れる距離)を取る
④投手が投げたらリードオフ(次の塁方向へ数歩動く)を取る
⑤1球ごとにベースに戻ってサインを確認する
⑥盗塁のサインが出たら迷わずスタートを切る
など本当は忙しくて談笑することも忘れるくらいです。

<二塁への盗塁>
スタートの切り方
⇒右投手の場合は左ひざが本塁方向へ向いたら
  (参考=プロの選手はユニフォームのしわで判断する人もいます。)
  左投手の場合は右ひざが本塁方向へ開いたら。

<二塁走者のときの帰塁>
自分のリード距離を保っていれば、ショート又はセカンドが塁に入ろうと近寄っても、投手が牽制球を投げる体勢になっていなければむやみに塁に戻らない。
ヒット一本で本塁へ還る気持ちでいることが重要です。




三塁走者の時

①ゴロでも本塁に突っ込むのかどうか決めておく。
 イニング、点差を考えて状況判断する。わからなければベンチの指示を仰ぐ。

②無死、一死の場合タッチアップもあるんだという意識を持つ

③捕手のパスボールがあるかもしれないと予測しておく



■盗塁&走塁の効果

1.試合度胸がつきます。(走者のときが一番緊張、集中するからです)

2.効率の良い得点ができるようになり、勝利へ直結します。

3.相手の集中力を乱すことができます。

4.監督からのサインにより打者+走者がプレーするので一体感が生まれます。
   蛇足=うまい走塁をすると監督が喜んで打順をあげてくれるかもしれません。
       (毎試合盗塁のサインがでるのでご自愛ください。)


次のプレーの確認  走者はこれにつきると思います。いい走塁をすると打撃にも守備にもいい影響が及びます。



[PR]

  by rei7955 | 2006-07-04 00:57 | 親父クリニック

<< 試合前のストレッチ ボール回し >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE