試合前のストレッチ

東深澤学園での練習や対外試合や飲み会での野球談義は、ストレス解消、気分転換、運動不足解消などいろんな面で、健康的でちょっと活気のある生活にしてくれていると思います。特におじさんにとっては。

今日のテーマはストレッチです。

若い人はともかく、おじさんたちは全員でやる体操だけでは不十分ではないでしょうか。

経験上いわせてもらうと、
試合中怪我をすると本当に残念な気持ちになります。何より自分に腹が立ちます。

怪我の原因は、無理な体勢での急な動作、が多いと思います。
要するにプレー中は気合が入り気持ちも昔に戻って若くなっています。でも体はやはり昔に戻ってくれません。それで筋肉が悲鳴をあげてしまいます。
そうすると野球はしばらくお休み、通勤にも支障がでるということになって、家族も冷たい視線を送ったりするかもしれません。

やはりきちんとストレッチをやりましょう。
特に対外試合の前には充分なストレッチをやりましょう。
自分の体の弱点、以前痛めたところなど、自分にしかわからない部分もあると思います。自分なりの方法で伸ばしておいたり、曲げたりしておいたほうが良い部分を、重点的にやりましょう。それがもっとも効果的だと思います。

ところで野球をやる場合、どんなストレッチがいいのか、たまたまこんなサイトを見つけたのでご参考に。

杉田接骨院

港南台の接骨院ですが野球チームもあるようです。



[PR]

  by rei7955 | 2006-07-05 23:34 | 親父クリニック

<< 投手の立ち上がりは不安 走塁&盗塁 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE