投手の立ち上がりは不安

プロ野球でもよくいわれますよね。
「このピッチャーは立ち上がりが不安なんですよね」とか、「結局、立ち上がりの失点が痛かった」とか。

野球が仕事のプロがそうなら、草野球の投手はそれ以上に立ち上がりは不安なものだと思います。
自分の今日の調子をつかむまでは、ストレートが走っているとか、変化球が決まらないとか、あれこれ考えながら手探りの状態です。体も心もまだ平日モードが残っていて不安定な状態です。
攻撃側は当然それを狙うべきです。
先取点を取れば試合の主導権を握れるわけですから。

従って1~3番までの打者は「様子をみる」という意識ではなく「自分の好きなコースに来たら逃さず打つ」という意識で打席に立つべきです。
「様子を見る」という意識だと凡退になる可能性が高くなると思います。ツーストライクから難しい球を打ったりしなければならないからです。
なにより、自分もまだ相手投手と同じで、まだ完全には野球モードになっていないからです。

従って試合前のストレッチ、キャッチボール、トスバッテイング、フイールデイング練習のときから戦闘態勢---野球モードに入っていることが重要なんだと思います。


最初は球数を投げさせて後半疲れさせるなどといいますが、相手が投手が一人しかいないことが分かっている場合は有効な作戦です。最近の草野球チームは大体数人の投手がいる、と思っていたほうがいいと思います。それに若い投手だと、逆にどんどん投げ込んで調子をあげてくることもあります。

一塁に出たら牽制球を投げさせたりして動揺を誘うようにすると面白いと思います。暴投も出やすくなります。
盗塁のサインが出たら、打者はバントの構えからバットを引く、という基本をやればセーフになる確立は80%だと思います。捕手があわてて落球する確立もあがります。または二塁へ暴投して三塁まで進む可能性もあります。
今まで100試合くらい試合をやりましたが、打者が走者を助けるためにバントの構えからバットを引く--という動きをしたチームはあまりありません。
だから多くの捕手はこの動きに惑わされる可能性が高く、非常に有効な動作です。

仮にこの作戦が成功すると、バッテリーはこの間に相当汗をかいています。気持ち的に追い込まれて守りに入るので、今度は三塁へ走ってくるんじゃないかと思ったりします。
もう走られたくないから投手へのサインはストレートが多くなります。
次の打者はそれを狙って打席に立てばいいと思います。好きなコースなら初球から打てです。
もう一つ、あまり好きな作戦ではありませんが、初球をわざと大きく空振りして二球目に三塁側へバントすると面白いと思います。
三塁手が捕りにくるので二塁走者は100%セーフ。
打者も50%の確立でセーフになると思います。一塁側へバントすると一塁ベースカバーが遅れたりして70%かもしれません。一塁手が俊敏な動きをすればするほど一塁はがら空きになりやすいので。二塁手または投手の一塁ベースカバーが遅れます。

すべてうまくいくと、二塁走者はホームへ来て1点、バントした打者は相手の暴投で二塁へ進塁、ということになります。
相手チームは歯ぎしり。外野手はなにもしていないので「なんだかなあ」という感じでまだ野球モードに入れません。バッテリーだけが大粒の汗をかいているという感じになるという図式です。

今週末から始まる高校野球も同じです。
強豪校が無名校に番狂わせで負けるときは、試合の序盤、立ち上がりに原因があります。

うちのチームも試合の終盤になるとようやく活気づく傾向にあるのは、そういう理由なのかもしれまんね。

試合前に戦闘態勢=野球モードに体を変えておく。
初回は最終回だと思って。
試合は準備段階で始まっている。

これです。


[PR]

  by rei7955 | 2006-07-06 01:17 | 親父クリニック

<< 牽制球 試合前のストレッチ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE