親父クリニック バッテイングフォーム 2006

隼人くんと高田君のおかげで自分のフォームをみていろいろと考えている人もいると思います。
久しぶりに「親父クリニック」と題して解説をしてみます。


c0013127_17542540.jpg
基本に即した構え方。殆どこのままのスタンスで打ちに行く、左足のかかとを上げてつま先でタイミングを取っている。

c0013127_1801231.jpg
年齢を考えたらすばらしいフォーム。特に右の写真の腕とバットの関係はグッド。

c0013127_16492.jpg
立ち方が野球少年のよう。左腕が張っているのが特徴。この打法は飛距離が伸びる。

c0013127_160131.jpg
基本に即した立ち方。リラックス感がある。バットのヘッドが頭の後ろに回りこんでいるのが特徴。グリップの位置が肩より高いので長打が生まれやすい。

c0013127_16533495.jpg
基本に即した立ち方。けんちゃんと同じでバットのヘッドが頭の後ろにまわりこんでいて、やや担ぐ感じになっている。グリップの位置も肩より高いので長打も打てる。

c0013127_16262969.jpg
基本に即した立ち方。この写真でははっきいとわからないが体重が左足にかかり過ぎている。

c0013127_16325434.jpg
体の割にはスタンスが小さい。でもしっかりヒザを曲げているので突っ立っている印象はない。バットをしっかり垂直に立てているのが特徴。左足を開きながらタイミングを取る。

c0013127_16371681.jpg
腕でタイミングを取るタイプ。グリップの位置がベルトより下に来ているのが特徴。そのため左の肩が捕手側にひねられている。これが当たったときの飛距離の元。バットの軌道はゴルフ。

c0013127_1930179.jpg
基本に即した立ち方。この日ひたすら右狙いだったのは、多分腰痛のせい。

c0013127_16581690.jpg
基本に即した立ち方。腕の使い方がうまい。多分、手首が柔らかいせいだと思うが、フォロースイングも見事。右手首が返っている。若くないとここまでは振り切れない。頭が動かないのもいい。

c0013127_1754042.jpg
一番ユニークな立ち方。スタンスも小さい。バットの位置が最大の特徴。

c0013127_178113.jpg
立ち方は大分よくなっている。ただ全身に力が入りすぎている。特にグリップは異常な力でバットを握っているので、バットをコントロールすることができない。スタンスは文句なし。

c0013127_1713185.jpg
基本に即した立ち方。あとは感を取り戻すことだけ。

c0013127_17244965.jpg
基本通りの立ち方。リラックス感がある。右腕の張り方がいい。バットの位置も理想的。

c0013127_17285094.jpg
スタンスが小さいのでやや突っ立っている感じ。力感に乏しい。右の写真の腕の使い方、下半身のフォームはいい。

c0013127_17305377.jpg
スタンスは文句なし。ただ実戦不足のためボールを迎えに行っているので、体とバットが意思統一されていない。練習することで慣れてくれば大丈夫。

c0013127_17392385.jpg
構えは理想的。もう少しスタンスを広げればパワーが出ると思う。

c0013127_17522720.jpg
多分いい当たりをしたときなので理想的なフォームになっている。特にスイングの大きさ、バットと腕が一体となっている。下半身の形がすばらしい。

★次回はピッチングフォーム編をやります。
[PR]

  by rei7955 | 2006-12-27 20:34 | 親父クリニック

<< 親父クリニック ピッチングフォ... 月島風景 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE