カテゴリ:未分類( 1 )

 

山崎勝己(23歳)ソフトバンクホークス

昨日の試合で打球が顔面を直撃し前歯を三本折ったソフトバンク・山崎捕手
c0013127_21531625.jpg

前歯を折っても気持ちは折れなかった。失った3本の前歯部分に止血用の脱脂綿を詰めながら、山崎が黒田から価値ある先制右犠飛を放った。「山崎がきっちり打ってくれたよ」。王監督も黒田から奪った先制点に高い評価を与えた。

 5回1死一、三塁のチャンス。王監督の「速い球に負けないように思い切って振ってこい! 」というゲキに応えた。カウント1―0から142キロの直球をライトへ。大歓声とともに三塁から江川を迎え入れた。「とにかく気合。気合です! 」。アニマル浜口ばりのコメントで喜びを表現してみせた。

 直前の5回表の守りで思わぬアクシデントは起こった。2死走者なし、栗原のファウルチップが山崎のマスクを直撃。押し上げられた金属部分が前歯を根元からへし折った。治療後、山崎は動かない口で出場を直訴。痛み止めなどは一切服用せずに応急処置だけで試合に復帰した。試合後、山崎はユニホームのまま福岡市内の病院へ。きょう10日の試合出場に「支障はない」という診断を受けた。

 痛みをこらえながら、新垣の完封をゲームセットまで演出。交流戦初舞台でうれしい“開幕戦勝利”。攻守で貢献した存在感はこれまでで一番だった。「彼らも必死だからね」。ファームからはい上がってきた6年目。王監督も山崎の強い思いを感じ取っている。前歯という代償以上に勝ち取った信頼は大きい。 (久保安秀)
 =2006/05/10付 西日本スポーツ=

9日の試合でファウルチップが顔面を直撃し前歯を3本折ったソフトバンクの山崎捕手が、この日も先発出場した。

神経を抜いたという右前歯は折れたままで、残りの2本は仮の歯。唇の周りは赤く腫れており、差し歯などの処置は腫れが治まってからになるという。

前夜は「(先発の)チャンスを逃したくなかった」と負傷後もマスクをかぶり続け、先制の犠飛を放った。その意気込みを買われたわけではないだろうが、この日も4試合連続で先発に起用された。(5/10サンスポ)

すごいプロ根性!

[PR]

  by rei7955 | 2006-05-10 21:59

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE