カテゴリ:親父クリニック( 13 )

 

走塁&盗塁

■走塁&盗塁

ランナーとして塁へ出ると、昨日の飲みすぎを反省したり、思わぬ怪我をしたりと日ごろの運動不足を実感するときです。草野球で一番疲れる場面です。

<一塁に行ったら>
ヒットで出たり、デッドボールで出たり、相手エラーで出たりといろいろなケースがあります。一塁コーチャーと談笑してもかまいません。しかし足はベースを踏んで目は監督のサインを見てください。談笑しながらこれをやるとかっこいいと思われます。サインが出たら談笑しながら帽子のひさしを触ってください。監督はあなたを選手として大いに信頼するでしょう。
そしてあなたは
①何アウト何塁か
②パスボールのとき、ゴロのとき、フライのとき、ライナーのとき,自分はどうするか
③リード(けん制球が来ても戻れる距離)を取る
④投手が投げたらリードオフ(次の塁方向へ数歩動く)を取る
⑤1球ごとにベースに戻ってサインを確認する
⑥盗塁のサインが出たら迷わずスタートを切る
など本当は忙しくて談笑することも忘れるくらいです。

<二塁への盗塁>
スタートの切り方
⇒右投手の場合は左ひざが本塁方向へ向いたら
  (参考=プロの選手はユニフォームのしわで判断する人もいます。)
  左投手の場合は右ひざが本塁方向へ開いたら。

<二塁走者のときの帰塁>
自分のリード距離を保っていれば、ショート又はセカンドが塁に入ろうと近寄っても、投手が牽制球を投げる体勢になっていなければむやみに塁に戻らない。
ヒット一本で本塁へ還る気持ちでいることが重要です。




三塁走者の時

①ゴロでも本塁に突っ込むのかどうか決めておく。
 イニング、点差を考えて状況判断する。わからなければベンチの指示を仰ぐ。

②無死、一死の場合タッチアップもあるんだという意識を持つ

③捕手のパスボールがあるかもしれないと予測しておく



■盗塁&走塁の効果

1.試合度胸がつきます。(走者のときが一番緊張、集中するからです)

2.効率の良い得点ができるようになり、勝利へ直結します。

3.相手の集中力を乱すことができます。

4.監督からのサインにより打者+走者がプレーするので一体感が生まれます。
   蛇足=うまい走塁をすると監督が喜んで打順をあげてくれるかもしれません。
       (毎試合盗塁のサインがでるのでご自愛ください。)


次のプレーの確認  走者はこれにつきると思います。いい走塁をすると打撃にも守備にもいい影響が及びます。



[PR]

  by rei7955 | 2006-07-04 00:57 | 親父クリニック

ボール回し

ボール回し(フットワーク)

キャッチボールの成果をみせるときです。
ベースの上にボールを投げるという内野練習の基本です。
試合ではゴロを捕ったりフライを捕ったとき、次にどこに投げるのか---状況によって違います。
ランナー無しで内野ゴロを捕ったら一塁へ投げますが、無死満塁ではバックホームします。しかし走者のスタートが良くて間に合わないと思ったら----あわてて一塁へ投げて暴投---こんなシーンをよくみかけます。ボール回しはそういうミスをしないための練習です。
☆方法
1.内野手、外野手に関係なく全員で、4グループに分かれてやるのがいいと思います。

  同じポジションだけではなくローテイションして全部の塁をやりましょう。守る塁によ
  って投げ方の違い、捕球する人の気持ちまでも体感できると思います。

2.時計回りにボールを回したり、逆をやったり、本塁→二塁も入れるといいでしょう。

3.グループで競って連続で何回できたら終了、というふうにやると効果があると思います。

4.本塁を担当している人の「声の指示」で投げる塁を決める、というやり方も効果があります。(捕手育成やフライのお見合いも減る?と思いたい)

この練習は体の動き=フットワークの練習(投げる態勢を作る)です。
暴投するのは大体、投げる態勢になっていないのに焦って投げた場合です。最初はゆっくりでかまいません。自分なりの動作スピードをつかんでください。人より早く投げようと思う必要はありません---エラーにつながりますよ。

外野手も一緒にやる理由----
例えば
外野手のバックホームはダイレクトに捕手に投げるのは二つの理由から勧められません。
一つ目は返球がそれて暴投になり、走者にやすやすと進塁させてしまう危険性。
二つ目は、焦って無理な態勢で送球して肩や肘、背筋、足首などを痛める危険性があるからです。緊迫した場面ほど、「ホームで刺してやる」と思いますが、ここは内野手にきちんと返球する冷静さが必要です。イチロー選手をイメージする気持ちはわかりますが給料が違いすぎますから。
プロ野球中継で「バックホームの間に打った○○は二塁まで進みました」という説明
を聞くと思います。
草野球の場合はこれが「外野からの返球が大きくそれて打った○○は三塁まで達し
ました」ということになります。下手をするとホームまで還ってきます。やはり中継プレーがいいんだオモイマス。出席メンバーによって変動するのでやっといたほうがいいでしょう。全員でやりましょう。
こういうプレーが出ると大体内野手は黙ってしまいます。チームの雰囲気が悪くなる
ので気をつけようね。

内野の対角線にきちんと素早く投げられる---これだけでOKです。
その為にはフットワークが大切だということです。ゴロをはじいてエラーしても進塁は一つですが、送球エラーをすると進塁は二つの場合が多くなります。これは大きな差です。投手はがっかりするし、相手は二つ進塁して大喜びします。送球ミスの少ないチームは大崩れすることが少ないものです。僅差の試合に強くなれます。



[PR]

  by rei7955 | 2006-07-03 00:37 | 親父クリニック

キャッチボール

■キャッチボール
 1.最初は短い距離から始める。
 2.塁間距離を投げる。(重要)
 3.相手の胸にきちんと投げる
 4.少しずつ速い球をびしっと投げる。(急激にやらない)
 5.最後は、捕ったらすぐ返球する動作を数回繰り返す。
   通常はここでコントロールが乱れるので、最初は自分なりの動作スピードで。
   試合で必要なのはこの動作
 6.肩、体が温まったと感じたら終了

投げるたびに違うところへ行ってしまうと言う人が多いと思います。
少なくても相手を動かさない範囲で投げられるようにしたいものです。
キャッチボールは基本です。練習前のアップみたいなもんだと思い勝ちですが、すでに練習はスタートしたと思ってやりましょう。
バッテイング練習の前の遊びみたいなもんだと思ってやっていると、試合で不幸に見舞われるでしょう。
同じキャッチボールでも、校庭での練習のときと試合前のときとでは自分の心境が違うことに気づいている人もいると思います。試合のときだけうまくなることはありません。
試合前のキャッチボールは、いつもよりゆったりと、自分のコンデイションを確認するようにやり、上記の4.5.をやりましょう。月~金モードから野球の選手モードに切り替えるように体に指令をだしましょう。
投手をやるのも内外野をやるのもこれが基本。ある程度できないとスタメンには入れません。意識せず漫然とやっているとメジャーには行けません。何年たっても上達はしません。



[PR]

  by rei7955 | 2006-07-03 00:15 | 親父クリニック

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE