<   2004年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

プロ野球再編 私案

大リーグ機構に日本人選手を中心とした球団を西海岸に新設・登録する。

資金は協賛企業・自治体を公募+現状の12球団が出資。(但し現状の半分の球団が撤退すると予想されるのでおそらく6球団程度)

選手登録は当初60人程度+監督・コーチ・トレーナー・裏方以下スタッフ30人。
要するに現在の12球団の主力は全部大リーグへ行くということ。
但し数年したら他のチームと同じように日本人主体でなくても良いと思う。
その辺はオーナーの判断。
選手入替は常時。怪我、故障、スランプの選手はAAAへ。

イチローをはじめ現役の日本人大リーガーについて
本人の意思次第で契約。強制はしない。事前に新規参入球団としての特典を大リーグ機構から取り付けておく。別にボンズをくれといっているわけではないのでOKの可能性大。但し現役日本人大リーガー全てと契約するとは限らない。あくまで実力、実績次第。

TV中継。大リーグ機構所属の日本チームの全試合を放送。キャンプ中継、オープン戦も全て放送。日本チームの試合以外も今まで通り各局が中継。

さて国内。
当然一流スター選手はいないので観客は激減。球団経営は厳しいか破綻。但し、選手の年俸は飛躍的に減少するので経営手腕次第。

そこで、
アジアリーグ創設
現在アジアには五カ国で29球団がある。
日本(現在12球団)、韓国(現在8球団)、台湾(現在4球団)、中国(現在5球団)、豪州(現在なし?)。
しかし合併、撤退が相次ぎ、今年以上の騒動になるでしょう。
最終的におそらく14~10球団くらいになるかと思われます。

参加を表明した球団同士で、アジア野球機構を創設し、各国に出先機関を置く。
IOCの下にJOCがあるのと同じ。チーム名には必ず地元の名前を入れる。企業名は禁止。
球団を2リーグに分けて公式戦を行う。秋に「アジアシリーズ」を行い優勝チームを決定する。
試合場所は五カ国になる。衛星中継がかなり増える。
ドラフト、FAについてはアジアリーグは大リーグと同一とする。
ルールと試合球も大リーグと同じものにする。


ドラフトについて
当然大リーグ機構所属の日本チームは、大リーグ方式で米国で参加する。
移籍について
上記に同じ。従ってヤンキースのA・ロッドやジャイアンツのボンズも獲得可能。(合意すれば)

さて国内
従来の日本国内のドラフトは廃止。
アジアリーグ機構としてのドラフト制度を新設する。
方式は完全ウエーバー制とする。
例えば中国のA球団で次に日本のB球団というふうに下位の球団から。
但しアジアリーグのドラフトは、実施時期を大リーグのウインターミーテイング実施時期と同じか数日ずらす。
これによりアマチュア選手は、まず大リーグ次にアジアリーグと二段階の選択機会が与えられる。

移籍について
大リーグであろうとアジアリーグであろうと従来と同じ。選手個人が結ぶ契約なので球団と選手の問題。
FAについては大リーグと同じなので問題は減少するはず。FAで問題を起こすことは今後の自分にマイナスイメージになることを選手は痛感するはず。


でもそんなこと言ったって観客は激減するでしょう。
最初の数年間は存続の危機が続くと思います。
しかし、ファンは必ず戻ってきます。。
選手のプレーする意識が高いからです。
早く自分も大リーグで、と思うからです。
スカウトは見ているからです。
試合は結構面白くなると思います。
今まで知らなかったチームの選手を見つけると思います。
最初は日本のチームしか目が行かないでしょう。しかし、そのうち「あの選手は誰?」「あの人かっこいい」と気になる選手が出てくると思います。

移籍も活発になるでしょう。
台湾、韓国、日本へ移籍というニュースが当たり前のようになると思います。
アジアシリーズも日本のチーム同士からも知れませんし、台湾と韓国のチームかも知れません。今まで知らなかったマネイジメントの重要性を認識するでしょう。
選手の年俸も減り、経営に安定感が出てくるでしょう。

プロ野球の球団が減るので社会人のクラブ(地域)チームも微増し、戦力が充実します。
元プロ選手の受け入れ交流が必然的に活発になります。それはおそらく、大学、高校、中学、小学校、社会人の草野球のチームにまで波及していくでしょう。今まで近所の野球好きのおじさんから教わっていた子供たちが、元プロ選手の技術を直接日常的に教わるようになるでしょう。
そして、野球指導者としての何らかの資格、認定の組織作り、システムが作られていくでしょう。

国際標準
日本の野球ファンは今まで日本人選手ばかり応援してきた。自分の野球を見る視野が狭いことに気づいていない。他のスポーツではちょっと信じがたい現象であることを実感していない。大リーグではもうそんなことをしていたら笑われてしまう。ベンチの中では何ヶ国語も飛び交っている。国籍ではなく能力実力個性で評価すべきである。
サッカーはその代表例である。FIFAの組織はIOCよりも大きいといわれている。

「松坂大リーグを直訴」とか「西、清水FA宣言」とか「野間口巨人を逆指名」「飛ぶボール、飛ばないボール」という記事が懐かしくなったらと思う。
日本の野球ファンが韓国や台湾の選手を応援する光景があってもいい時代だと思う。
新幹線で移動している時間があれば韓国に着いている時代です。
現役のプロ野球選手も、チームの状況を考えたり、時期をみたりして「大リーグ」を口にしています。スポーツ選手として自分の実力を試してみたいという願望がうまく叶えられないという環境は矢張りおかしい。
「○○選手がいなくなったらつまらなくなる」というファンの声は当然でしょう。
でも、「もっとステップアップしたい」という選手の気持ちはどうなるのでしょう。そしてその選手がステップアップをあきらめてプレーしたら・・・。

仲のいい兄貴や弟や自分の息子が「決心」をして旅立っていくのなら、「頑張って来いよ」と言って上げたいと私は思います。
今まで「いい思い」をさせてもらったんだから、と。
[PR]

  by rei7955 | 2004-12-28 02:11 | プロ野球

またも社会人チーム誕生

魚沼クラブに青島健太氏就任

プロ野球ヤクルトの元選手でスポーツキャスターの青島健太氏(46)が出身地の新潟県に新設される社会人野球チーム、魚沼市野球クラブの監督に就任することが22日、分かった。青島氏は25日に同市役所で記者会見し、正式発表する。

 選手は、オーストラリア野球連盟の協力を得て、同国代表クラス20人を招へいし、国際交流や地域活性化にも取り組みながら都市対抗出場を目指す。

 青島氏は、慶大から社会人野球の東芝を経て、ドラフト外で85年に入団。初打席本塁打を記録した。

毎日新聞 2004年12月22日 19時46分


欽チャンに続いて青島健太さんも。でもみんなオーストラリアの選手なの?
c0013127_197919.jpg

[PR]

  by rei7955 | 2004-12-23 19:07 | 社会人野球

最低年俸-大リーグ


【ニューヨーク22日共同】米大リーグが定める最低年俸が、これまでの30万ドルから来季は31万6000ドル(約3300万円)に引き上げられることが決まった。増額は消費者物価指数の変動に応じたもので、22日に労使間で合意に至った。

またマイナーリーグの最低年俸は5万ドルから5万2600ドル(約550万円)に増額される。対象となるのは、大リーグとの入れ替えが可能な40人枠登録が2年目以降の選手と、大リーグに1日でも登録された選手。


まあ、税金その他があるから実質は2000万円くらいなのかなあ。日本の大会社の社長並み?ただいえるのはサラリーマンと違って来年の補償がないってこと。それと年齢、例外を除けば大体35歳前後で引退。
引退後の人生の方がはるかに長い。80歳まで生きたらそっからまだ45年もある。
やはり、大リーグの中でも超一流にならないといけないんだなあ

[PR]

  by rei7955 | 2004-12-23 18:16 | メジャーリーグ

岩隈オリックスを拒否

共同通信 2004年12月17日(金) 18時36分
岩隈オリックス入り拒否 今後は選手会に一任

  合併球団オリックス入りを拒否している岩隈久志投手は17日、神戸市内のホテルで小泉隆司球団社長と話し合い、あらためて入団を拒否し、楽天へのトレード移籍を希望する意向を伝えた。
 岩隈は記者会見し「(合併が決まり)この6カ月間野球をやってきてつらかった。オリックスではできませんと伝えた」と話した。小泉社長からは「楽天には今すぐには出せない。宮内オーナーや(パ・リーグの)小池会長と相談して考える。年内には決めたい」との返答があったという。
 岩隈は15日の小泉社長との会談で、17日に最終結論を伝える意向を示していた。この日は同社長との会談前にオリックスの川越選手会長とも話し合っており、今後についてはプロ野球選手会に一任する意向。



c0013127_22493872.jpgオリックスの小泉球団社長は9月の騒動のときに「選手の意思は尊重する」
なんて言わなければよかった、と思っているだろうなあ。
これで岩隈はファンの支持は得たと思う。
勿論「わがままだ」というファンもいるけど。
個人的には矢張り楽天へ行ってもらいたい。
来季のオリックス戦での投球に注目。
[PR]

  by rei7955 | 2004-12-17 22:50 | プロ野球

着うた年間ランキング

着うたの年間トップ・アーティストは誰?
 レーベルモバイルは、2004年度の
「着うた」年間ランキングTOP100を発表した。
[PR]

  by rei7955 | 2004-12-17 22:39 | 社会

ブログの認知度調査

約8割の人が知っているらいい。13%の人が作成経験あり。
「BLOGに関する調査」 参照
[PR]

  by rei7955 | 2004-12-17 22:34 | MyWeb関連

ノムさん余裕

スポーツ報知 2004年12月17日(金) 8時1分
胸貸そう大将!ノムさん「大歓迎」 “欽ちゃんチーム”と練習試合
 シダックスの野村克也GM兼監督(69)が16日、東京・調布市のグラウンドで取材に応じ、タレント・萩本欽一さん(63)が設立するクラブチームを歓迎した。“挑戦”を受けてたつ構えを見せるとともに、萩本さんに本格的な野球経験がないことから、監督ではなくオーナーに就任すべきと主張。早くも“舌戦”がスタートした。

 「打倒・野村シダックス」を合言葉に来年の旗揚げを目指す“欽ちゃん球団”。標的にされた名将は笑顔を絶やさずに言い切った。「(練習試合を)ぜひやりましょう。欽ちゃんが率いるクラブチーム、大いに結構。大歓迎だ」02年秋の就任以来、社会人野球の広告塔を自認してきた知将は、人気スターの“新規参入”に心からエールを送った。

 しかし、素人だからといって侮るつもりはない。欽ちゃんのさい配哲学は「ID野球」ならぬ「ど~んといってみよう」の「DI野球」。野村監督はこれに警戒感を抱く。「野球は結果論。作戦は臨機応変だし、決まりはない。勢いがついてしまえば勝負は分からないよ」厳しい芸能界を勝ち抜いてきた勝負師が相手だけに、油断なく正面から横綱相撲で応じる構えだ。

 だが、現場を統括には経験不足は否めない。「オーナーでいいんじゃないの。志太(勤会長)さんがベンチに入るだけで、選手はピリッと引き締まる。監督は鹿取に任せた方がいい」欽ちゃんはあくまでも「顔」的存在にとどまるべきだとアドバイスした。

 「夢を見るのは勝手。夢で終わらないようにね」アマ野球活性化に向け、ぜひ共闘を。名将は欽ちゃんに胸を貸す瞬間を心待ちにしている。(加藤 弘士)


弟子の風見しんごも驚いている。
[PR]

  by rei7955 | 2004-12-17 22:28 | 社会人野球

早苗ちゃん鮫だよ鮫!


サメ・パニック、遊泳全面禁止=またサーファー襲われ死亡-豪アデレード

 【シドニー17日時事】南オーストラリア州アデレードの浜辺で、サーフィンに来ていた18歳の男性がホオジロザメに襲われて死亡する事故が起き、住民を恐怖に陥れた。地元警察は17日、付近での遊泳を全面禁止にし、ヘリコプターとモーターボートを使って捜索、男性の遺体の一部を収容した。州政府はこのサメを捕殺することを決め、ハンターがサメの行方を追っている。
 地元紙の報道などによると、男性は友人3人と小型ボートで海に出た。浜辺から約400メートル沖でサーフボードに乗ろうと海に入ったところ、体長約6メートルのホオジロザメが現れて男性の左腕にかみ付き、瞬く間に男性を海中に引きずり込んだ。
 南半球にあるオーストラリアは今、夏の行楽シーズンたけなわ。専門家は「ホオジロザメがアシカやイルカを追って浜辺近くまで来るのは珍しくない」と海洋レジャーを楽しむ人に注意を呼び掛けている。
 オーストラリアでサメに襲われた死亡事故は今年3件目。11日には世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフで釣りをしていた38歳の男性がサメに足をかまれ、死亡したばかりだった。 
(時事通信) - 12月17日17時1分更新
早く帰って来なさい
[PR]

  by rei7955 | 2004-12-17 22:19 | 社会

300億円で

三菱自動車、本社売却へ 再建資金300億円を取得

 三菱自動車と三菱商事が、共同保有する東京都港区の三菱自動車の本社ビルを米モルガン・スタンレー・グループに売却することが17日、分かった。売却額は約1000億円で、このうち約300億円を三菱自動車が取得する見通しだ。
 三菱自動車は三菱商事、三菱重工業、東京三菱銀行の三菱グループの支援で再建を目指し協議中。三菱商事は三菱自動車が区分保有する土地の買い取りを進めていたが、自社の保有分と合わせてモルガンに売却することにした。三菱自動車は調達した資金を再建に充てるほか、三菱商事も保有資産の圧縮で経営を効率化する。
 ビルは三菱自動車と三菱商事が利用しているが、両社は売却後当分は賃貸の形で入居を続ける方針だ。三菱商事は、東京都千代田区に建設中の新ビルに本社機能を集約する方向で検討を進める。
(共同通信) - 12月17日12時23分更新


300億円で足りるの?って気もするけど。
まあ、そうなるとは思っていた。

[PR]

  by rei7955 | 2004-12-17 22:14 | 社会

魚民と和民


c0013127_2291416.jpg
「魚民」「和民」共存へ 居酒屋“看板紛争”が和解

 赤地に白抜き文字の看板を掲げる居酒屋チェーン「魚民」を経営するモンテローザ(東京)と、「和民」を経営するワタミフードサービス(同)が、類似の店名、看板使用をめぐり争っていた訴訟は17日、東京地裁(高部真規子裁判長)で和解が成立した。
 ワタミが「魚民」の看板や商標の使用を認めることを条件に、モンテローザがワタミへの損害賠償請求を取り下げる。和解条項には「双方が相手をひぼう中傷しないこと」も盛り込んだ。
 両社はいずれも駅前や繁華街に多数の居酒屋を展開。1998年ごろ、ワタミがモンテローザに店名や類似看板の使用中止を求める警告書を送ったことなどを契機に、大手チェーン同士の“看板紛争”に発展した。
 モンテローザは昨年12月、「雑誌などを通じ『看板をまねた』と虚偽の事実を公表した」としてワタミ側に3000万円の損害賠償を求め提訴。「店を混同させる手法があからさま」(ワタミ)「赤地に白抜きの看板は外食産業の共通財産」(モンテローザ)と主張を対立させていた。
(共同通信) - 12月17日15時22分更新
両者ともご苦労様でした。
[PR]

  by rei7955 | 2004-12-17 22:09 | 社会

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE