<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

WBC

遅ればせながら感想を。

3/12に日本の優勝の可能性は甲子園初出場のチームが優勝するのに等しいと書いた。
メキシコに感謝!というほかはない。

ところで、
FIFA国際サッカー連盟(1904年設立)の加盟国数は現在207の国と地域。
IOC(国際オリンピック委員会)は202だからFIFAは世界最大のスポーツ団体・組織というのはご存知の通り。
ボールひとつあればゲームができるのだから世界中に普及するのは当然だろう。

ちなみに、
サッカーのワールドカップ第1回は今から76年前の1930年7月開催。
優勝は開催国のウルグアイ。当時の参加は13カ国。サッカーの母国イングランドは不参加。
本大会出場国数も13~16~24~32カ国と次第に増えて行った。
現在の本大会出場32カ国になったのは1998年、14年前から。
つまり76年前にスタートして現在の方式になるまで62年かかったことになる。
やはり色んな問題、課題、事件があったのだろう。

さて、あまり知られていないIBAF国際野球連盟(1938年設立)は現在112の国と地域が加盟。
オリンピックにメジャーの選手を出場させないなど、IBAFとアメリカの仲が良くないのはご存知の通り。

今回のWBC。アメリカメジャーリーグ機構が世界市場開拓を狙ってIBAFには関係なく企画した大会。
今回の大会に参加した16カ国でIBAFに加盟しているのは
日本、韓国、中国、台湾、キューバ、南アフリカ、パナマの7カ国。
非加盟は
アメリカ、プエルトリコ、ドミニカ、ベネズエラ、カナダ、メキシコ、オーストラリア、イタリア、オランダの9カ国。
サッカーでいえばブラジル、イングランド、イタリア、ドイツ、スペイン、アルゼンチンなどが加盟していないのと同じですね。野球やソフトボールがオリンピックから除外されるのも頷ける。

大会前からの課題
開催国は?(どこでやるのか)、時期は?(シーズン前では選手の力が充分発揮できない)、怪我の扱いは?(公傷扱いとなるのか、補償は)、参加国数は?、グループ分けは誰が決めるのか?、日程は?、選手への強制力は?、審判は?、投手の球数制限は?、当番間隔は?使用球は?収益分配は?選手・スタッフへの報酬は?
上記の殆どはメジャーリーグ機構が決定した。
ライバルチームとは決勝戦まで対戦しない組み合わせ、自国の試合を自国の審判が担当するなど、国際スポーツではめったにお目にかかれないことなども含めて。

そして決勝戦に進んだのは、
主催国アメリカと国交がなく野球を国技としながらメジャーリーガーが一人もいない国と、
一昨年、選手が試合をボイコットするストライキをやり、人気凋落といわれながら出場し、
パワー不足をスピードと自己犠牲の精神で補い、結束力で戦ったアジアの国だった。

サッカーワールドカップは76年前にスタートした。
サッカーの母国イングランド抜きで。

自分の愛するスポーツが広く世界に普及することを望まない人がいるのだろうか。

「とにかく始めることが大切、課題はそこから直していけばいい」
昨年の秋、王監督はそう言った。

■蛇足
今秋もアメリカは「ワールドシリーズ」と言うんだろうなあ。

いつか「北米シリーズ」「南米シリーズ」とか呼ばれるようになったらいいなあ。
「大陸対抗チームチャンピオンシップ」とか「ヨーロッパカップ」とか。
「U22代表」「U18代表」「U15代表」「U12代表」とそれぞれ大学、高校、中学、小学校の年代別日本代表の「ワールドカップ」もあり。
そうなると、プロとかアマとかドラフトとかトレードとかFA宣言とか私利私欲でごちゃごちゃ言ってる場合じゃなくなって早急に整備せざるを得なくなると思う。

毎年「チームチャンピオンシップ」があって、
4年に一回「ワールドカップベースボール」があって、その2年前くらいから大陸予選があるといいなあ。
[PR]

  by rei7955 | 2006-03-25 23:27 | プロ野球

大会の課題

c0013127_236123.jpg

■日本の勝ち越し点取り消し、提訴の対象外
 WBC2次リーグ1組、米国-日本戦で、判定が覆って日本の勝ち越し点が取り消されたことについて、大会の技術委員を務める横浜の山中正竹球団専務は「アウト、セーフの問題なので、提訴の対象にならない」との見解を示した。試合直後、試合を担当した技術委員や審判員スーパーバイザーらに確認した山中専務は「権限のない二塁塁審が最初にセーフ(離塁が早くない)の判定を出したが、本来は球審が判断するところ。その球審が『早いと見た』ということだった」と説明した。【共同】

毎日新聞 2006年3月13日 東京夕刊

■ボブ・デービッドソン球審の話
 ◇ボブ・デービッドソン球審

 満塁でのタッチアップをチェックするのは球審。二塁塁審は、判定する権限がないのに(問題なしと)判定した。球審がコールすべきだったので、離塁が早いと判断してアウトにした。

 ◇  ◇  ◇

 AP通信によると、デービッドソン審判員は99年の労使紛争で大リーグの審判員を辞職し、現在はマイナーリーグに所属している。【共同】

毎日新聞 2006年3月13日 東京夕刊


■パ・リーグの前川芳男審判部長の話
 ◇パ・リーグの前川芳男審判部長

 一番、近いところの塁審の裁定が最終判断のはず。アドバイスを求められた時以外、球審はこの判断に介入してはいけない。【共同】

毎日新聞 2006年3月13日 東京夕刊

今回の大会はメジャー機構と審判組合との話し合いがつかずメジャーの審判は一人も参加していない。すべてAAA(スリーエー)の審判で行っている。
アメリカのマスコミがどんな反応をするかが楽しみだ。自国の試合を自国の審判がやるなんてサッカーではあり得ない。

[PR]

  by rei7955 | 2006-03-13 23:17 | プロ野球

日本代表

いよいよ明日からWBCは二次リーグが始まる。日本代表は果たしてどこまで勝ち進めるだろうか。
個人的には二次リーグを勝ち抜けたらすごいことだと思う。野球ファンは当然おおいに期待しているが冷静にみてやはり実力の差はあると思う。
その第一は投手のスピード。
速い球はそうは簡単に打てない。相手投手に慣れてきて打てそうになったとき短期決戦なので相手は投手を代えてしまう可能性がある。
第二は守備力
普通の打球、送球についてはそれほど差はないと思う。外野手の走力は日本の選手のほうが上かもしれない。しかし内野手の肩の強さと咄嗟のプレーでは差があると思う。
練習ではやったことがないとか、想定していないときのプレーの応用性はやはり日本人は弱い。サッカーがそれを証明している。
投手の守備も日本のほうがうまいと思うが、その前に日本の選手が普段どおりにおもしろい打球を投手前に転がせるかだと思う。西岡、川崎、金城あたりがそれができるか。
第三は情報
先日、練習試合のTV放送があり、元マリナーズの長谷川がいろいろ指摘していた。それで分かったことだが、メジャーで9年間プレーをし、英語も堪能な長谷川から日本の首脳陣は情報を得ていないことが分かった。もっと言えば長谷川を日本代表の投手コーチにして欲しかった。メジャーと戦うとき彼以上の経験者がほかにいるだろうか。野茂、佐々木、松井秀、田口など、現役プレーヤーからどれだけ情報を得ているのだろうかとちょっと不安になった。イチローの存在はもちろん重要だが打者からみたデータだ。投手から見たデータも必要だと思う。

二次リーグで敗退も充分考えられる。
それでも韓国には是非リベンジして欲しい。
日本の可能性は、例えるなら甲子園に初出場したチームが優勝するのに近いかもしれない。

[PR]

  by rei7955 | 2006-03-12 22:56 | メジャーリーグ

潔し

駒大苫小牧が選抜辞退 部員の不祥事 校長「言い訳利かぬ」

産経新聞 2006年 3月 4日 (土)

 昨年夏の甲子園で連覇を果たした駒大苫小牧高校(北海道苫小牧市)の三年生野球部員らが飲酒や喫煙で警察に補導された問題で、同校の篠原勝昌校長は三日、記者会見し、春の選抜大会出場を辞退すると発表した。

 野球部の香田誉士史監督(34)と佐々木宣昭部長は、篠原校長に辞任届を提出し、受理された。篠原校長も辞意を表明した。

 同校野球部は昨年夏の甲子園優勝後にも、当時の野球部長が暴力問題で謹慎処分を受けたばかりで、教訓が生かされず最悪の結果となった。

 日本高校野球連盟は正式な報告を受けた上、八日の審議委員会で処分を検討する予定。

 篠原校長は「全国の野球ファンにおわびしたい。昨年あれだけ世間を騒がせたので言い訳は利かない」と述べた。

 道警などによると、一日夜に苫小牧市内の居酒屋で飲酒、喫煙していて補導されたのは野球部員十人、バスケットボール部員四人の計十四人。部員らは二日未明に保護者に引き渡され自宅待機しているという。全員三年生で選抜に登録されている一、二年生はいなかった。昨年夏の甲子園直前にも出場が決まっていた明徳義塾(高知)が辞退している。

     ◇

≪苦渋の決断 生徒、父母は涙≫

 駒大苫小牧高の篠原勝昌校長は三日夕、同校で記者会見。両手を合わせて合掌し、深々と一礼した後、「残念だが、校長として選抜大会への出場を辞退したい」と苦渋の決断を明らかにした。

 昨年夏の大会直後に部長による部員への暴力が発覚した際も、篠原校長は大阪の日本高野連に出向いて記者会見。優勝を取り消さないとの決定を受けて合掌し、「寛大な処分を聞き、涙がこみ上げてきた。全国の高校野球ファンを失望させたことをおわびしたい」と謝罪していた。

 今回も、現役部員に落ち度はないが、篠原校長によると、昨年夏の決定の際に日本高野連側から「部長だけの不祥事ではない。監督、コーチ、チームは一年間、慎み深く生活すべきだ」と警告されていたという。

 同校はこの日、職員会議や、昨年の事件で設けた危機管理委員会などを断続的に開いて協議。その結果、「出場は辞退すべきだ」という意見が大勢を占めたという。

 篠原校長から出場辞退が伝えられた一、二年生部員約七十人はがっくりと肩を落として泣き崩れた。また講堂にいた一、二年生の生徒や父母にも記者会見終了後、出場辞退が伝えられた。重苦しい雰囲気の中、「自分の責任だ」と篠原校長が経過を説明し、香田誉士史監督が「本当に申し訳ない」と謝罪すると、生徒や父母は泣き声をあげた。

言い訳は無用。ただ校長、監督、部長も辞任は潔よいと思う。香田監督はどうするのかなあ。多分駒大の「オヤジ」に相談しているだろうけど。東京に来ないかなあ。

[PR]

  by rei7955 | 2006-03-04 00:31 | 高校野球

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE