<   2006年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

高校野球 東東京大会決勝 好き勝手予想

7/31 決勝

国士舘 - 帝京
帝京はここまでの全試合をコールドで勝ち上がってきた。序盤に足をからめて優位に立ち相手を圧倒してきた。勝ち方を知っている戦い方だ。投手もエース級二人が二年生、三番手は一年生。この三人をうまく起用している。

国士舘もここまで投手は5人が起用されている。
序盤に帝京がリードすると国士館は苦しい。投手交代も帝京は早めの継投(調子が悪いと判断すると2回からでも変えてくる)で来るので、各投手をどこまで研究しているかもポイントになるだろう。
帝京の弱みは3点以上リードされると打者が大振りになりやすいこと。特に試合の中盤以降はその傾向が強い。つまり劣勢になると意外ともろい。

いずれにしろ投手の継投が重要になってくると思う。得点も5~10点位の点の取り合いになると思う。
[PR]

  by rei7955 | 2006-07-31 00:32 | 高校野球

高校野球 西東京大会 決勝

7/30 決勝

c0013127_1759266.jpg

東深澤学園の練習を終えてNHKでテレビ観戦しました。

驚いたのは有馬監督が解説者として出演していたことです。有馬監督は都大島→都城東(甲子園出場)→都保谷という経歴の持ち主です。
もう一つ驚いたのは神宮球場の外野席に観客が入っていたことでした。高校野球では異例のことです。多分動員力のある早実の影響だと思います。アナウンサーの説明では、高校野球の決勝で外野席に観客が入るのは11年ぶりのことだそうです。

試合についてはもうなにもいうことはないでしょう。スコアをみれば分かるとおり、どっちが勝ってもおかしくない試合でした。
日大三は常にリードを奪い主導権を握る試合展開。早実は常に劣勢で相手を追う試合展開。
決勝戦にふさわしい、近年まれにみる好ゲームでした。
そして矢張り甲子園に行くには奇跡が必要だと改めて思いました。

延長10回表に早実のエース斎藤投手が痛恨のエラーをしました。走者二塁で送りバントを三塁に悪送球してしまい、日大三に簡単に得点を許してしまいました。こういう状況ではエラーによる失点が選手には一番重くのしかかるものです。

配色濃厚の10回裏一死から連続二塁打で同点に。早実の和泉監督も予想もできなかったことだと思います。
相手が日大三だということを思えばこれは奇跡です。
サヨナラタイムリーは奇跡ではありません。押せ押せムードのなか、打つべくして打ったという感じです。

そして最大の奇跡は早実の斎藤投手です。
この猛暑の中、たった一人で延長11回221球を投げきったことです。
しかも回を追うごとに急速が増して、147キロとか140キロ代を連発していました。
221球を投げて、しかも140キロ代のスピードを何度もだすということは、プロ野球の試合でも観ることはないと思います。早実の斎藤投手はスタミナもそうですが精神的なタフさは尋常ではないと思いました。三振も13個とったと思います。

甲子園は8/6に始まりますが、たった一週間しかありません。
早実の斎藤投手の疲労を思うとちょっと短い気がします。多分今日は右手では何も持てないくらい握力はなくなっていると思います。

今日の試合レベルは甲子園でやっても準決勝か決勝戦レベルの試合だったと思います。
あえていえばいわゆるスラッガーがいなかったことくらいです。ちょっと甘いところにくると持っていかれるという印象の強打者は両チームともいませんでした。

大舞台でも自分の力を充分発揮できる、ピンチでも動じないで普段の練習通りにできる、相手の油断を見逃さないなど、さすが強豪校だと思わせてくれました。

観戦した人はみんな大満足の試合だったと思います。
c0013127_1282641.jpg

[PR]

  by rei7955 | 2006-07-30 18:18 | 高校野球

高校野球 西東京大会決勝 好き勝手予想

7/30 西東京大会決勝予想

早実 - 日大三
打撃力で日大三に分がありそうです。
早実の投手層は分かりませんが、エースが打たれた場合、二番手がいるのかどうかです。居ない場合は大差になる可能性があると思います。
早実は序盤に得点することが少ないのも悪い傾向です。
ただし、後半戦勝負に持ち込んだら早実も可能性があるのではないでしょうか。

大舞台での試合経験、度胸では甲乙付けがたいと思います。
投手の出来にかかっているかと思います。
[PR]

  by rei7955 | 2006-07-29 18:40 | 高校野球

高校野球 東東京大会準決勝結果

7/29 試合結果

今日は朝からMXテレビで観戦しました。

c0013127_17553681.jpg都足立新田は勝てる試合を自滅で失いました。選手がガチガチでした。
全く自分たちの野球が出来ませんでした。昨日の予想の悪いほうが的中してしまいました。
特に攻撃がひどかった。ボール球(それもとんでもないボール球)を振って帝京の投手を助けていました。スクイズも見落とし、三塁走者が挟まれてアウトになるのままだしも、二塁走者まで判断ミスでアウト。こういう場面が多すぎました。
三回までに4~5点は得点できた場面にことごとくミスで逃していました。
今大会で一番悪い出来が準決勝という皮肉な内容でした。
少し落ち着きを取り戻した中盤は相手を抑えています。初回からこれが出来ていれば勝てた試合でした。帝京の術中にはまりました。
ただ都立勢としてここまでの健闘は賞賛に値すると思います。

帝京は投打ともちょっといまいちです。走塁だけは良かったと思います。
甲子園に行っても勝ち進むのは難しいという印象です。
ただ主戦投手二人が二年生なので秋も強いと思います。


c0013127_17554952.jpg国士舘は手堅い感じがしました。しかしこちらも、甲子園ではどうかな、という印象です。

[PR]

  by rei7955 | 2006-07-29 18:25 | 高校野球

高校野球 東東京大会準決 勝好き勝手予想

7/29 準決勝

国士舘 - 駒場学園
国士舘は抽選に恵まれてここまで強豪校と対戦がないのが不安。経験でなんとかのりきるのでは。

都足立新田 - 帝京
ベスト4になるのは実力が必要です。その証拠に都足立新田は5試合で失点が僅かに5点です。エースの秋吉投手は3試合連続完封中です。秋吉投手がいつもの力を出してバックがしっかり守れば勝機はあります。
帝京は機動力があります。他校と違うのは三塁への盗塁が多いことです。

準々決勝あたりから周囲の期待が相当高まってきます。学校の対応も全教師、全生徒の動員など一変します。
選手にもプレッシャーがかかってきますが、それ以上にここまで来れたという喜びのほうが上回って顔つきも変わってきます。

何度も書きますが試合の序盤に1点でもリードしていることが重要です。そうすれば投手も優位な気持ちで投げられます。
逆に序盤にリードされると、これ以上点をやれないという想いが固さになって周囲が見えなくなります。帝京はそこを機動力で見事についてきます。あっという間に3点くらいはとられてしまいます。

キーポイントは選球眼だと思います。落ち着いて打席に立ってボール球を振らないこと。
チャンスのときは初球から行くこと。バントと思わせての盗塁、エンドラン、監督の采配も時には意外な作戦を取ると面白いと思います。帝京の守りはそれほどうまくないので。

帝京の選手たちは専用バスで堂々と球場に入って来ます。周囲の雰囲気が一変します。
対する都足立新田は電車を乗り継いで神宮球場へ集まることでしょう。
戦いはそこから始まっています。
[PR]

  by rei7955 | 2006-07-29 00:49 | 高校野球

高校野球 西東京大会 結果

7/28 準決勝 試合結果

c0013127_18105584.jpg日大三が予想以上の点差で勝ちました。順当過ぎますね。


c0013127_18104143.jpg早実はサヨナラゲームですね。日大桜ヶ丘は頑張ったと思いますが、これも一応順当です。


西東京は結局大きな波乱もなく日大三と早実の決勝です。
もう少し新しい高校が出てきて欲しかったです。

昔、日大三のグランドに行きましたがちょっと驚きました。広大な敷地に野球部、アメフト、サッカー、テニスなどそれぞれ専用のグランドがあり選手が練習していました。選手は全寮制で思い切り練習に打ち込める環境です。
きっとスポーツクラスがあって授業は午前中だけじゃないの?などと父兄同士で話したりしました。(実際は分かりません)

大分前の話ですが、姪が浦和学院に通っていて、野球部のエースとか主将に廊下で会うと大騒ぎしたとか言っていました。同じ学校に通っているのに滅多に会わないんだと言っていました。
一般生徒と同じように授業を受けて、放課後から練習というのが私は好きです。高校生活という一番輝いている時期を「野球漬け」みたいに過ごすのは疑問に思います。
まあ、そういうスポーツ系で入学すればその中の競争で大変なんでしょうが、父母の気持ちは複雑だと思います。

小学、中学時代に硬球を使って野球をする団体が日本にはリトルリーグ、ボーイズリーグ、ポニーリーグ、ヤングリーグ、フレッシュリーグなどがあります。
高校野球を支えている団体なのに、残念ながら統一されていません。

高校野球の強豪校はこういうリーグとも太いパイプを持っています。入部してきた選手を鍛えるのではなく有望な選手を入学=入部させるわけです。まあそうやって強豪校という価値を維持するわけです。
野球ファンなら知っていることだと思います。

高校野球ファンの中には、「だから私立は嫌いだ、公立を応援するんだ」という人が結構います。
別にこれは野球に限った話ではありませんけど気持ちはよく分かります。
[PR]

  by rei7955 | 2006-07-29 00:32 | 高校野球

高校野球 西東京大会 好き勝手予想

7/28 西東京大会準決勝 試合予想

西東京はトーナメント表の四隅の高校が順当に勝ちあがりました。
つまりすべてシード校です。ちなみに東東京は帝京しかシード校は残っていません。
準決勝&決勝になると序盤に優位に立つこと、ミスしないことが重要になります。

早実 - 日大鶴ケ丘
早実は東海大菅生に勝ちましたね。日大鶴ケ丘も桜美林、国学院久我山に勝ってます。早実は投手力+守備のチームなので乱打戦にはならないと思います。どこかで守備のエラーがでると日大鶴が丘にも勝機はあると思います。試合の序盤3回までが勝負だと思います。

日大三 - 多摩大聖ケ丘
この試合は面白いと思います。
三年連続甲子園に行っている日大三ですが油断は大敵です。
多摩大聖ヶ丘は過去の記憶でははっきりいって弱いチームでした。3回戦以内で姿を消してもおかしくないチームでした。
ところが今年はシード校になって専大付属 八王子 明大中野八王子という西東京のベスト8常連校を破っています。実力は充分だと思います。
しかし日大三のことだから相手を充分研究して対策を練っていると思います。
[PR]

  by rei7955 | 2006-07-27 23:18 | 高校野球

高校野球 東東京大会

7/27 試合結果

c0013127_18341283.jpg都足立新田はやりましたね。ついにベスト4です。東東京114校 西東京118校で残っているのは都足立新田だけになりました。ついに都立の星になりました。


c0013127_18342933.jpg都大島は大敗しました。奇跡は起きませんでした。投手起用に?がありましたがスタンドからは実情はわかりません。ここまで本当によく頑張ってくれました。帝京と対戦できて甲子園へ行くチームのレベル&壁を実感できたことが一番の収穫だと思います。
三年生が抜けて部員は11人になりますが、夏の練習で力をつけてまた9月に秋季大会でその雄姿を見せてください。充分に「甲子園のこころ」が見えました。大島の島民をはじめ多くの人たちを嬉しい気持ちにさせてくれてありがとう。

c0013127_940100.jpg


c0013127_1835658.jpg結果は国士舘の順当勝ちですが、去年の甲子園出場校国士舘を相手に、都墨田工はコールド負けもせず本当によく頑張ったと思います。



c0013127_18352575.jpgこちらも順当といったところでしょうか。

[PR]

  by rei7955 | 2006-07-27 23:07 | 高校野球

高校野球 東東京大会 好き勝手予想

いよいよ準々決勝です。役に立たないけど予想です。
すでに136校が大会から去って行きました。

7/27
駒場学園 -  正則学園
難しいけど過去の実績で駒場学園。

都足立新田 - 青山学院
もうこうなったら都立を応援します。
青山学院は4試合戦って失点はわずか2点です。都足立新田は5点。
両エースの出来がカギでしょう。

都大島 - 帝京
ここまで来たらもう満足です。
予想は都大島ですが、この試合に勝つには奇跡が必要です。
都大島の投手が人生最高のピッチングをするとか。下位の打者が奇跡的な働き(例えば満塁本塁打)をするとか。王監督は「奇跡は起きるもんじゃなく、起すもんだ」と言っているそうです。なるほどなあ、「祈ってたりしちゃだめなんだよ!」ってことか。

都墨田工 - 国士舘
国士舘はやはり強いと思います。
[PR]

  by rei7955 | 2006-07-26 23:12 | 高校野球

高校野球 東東京大会

7/26 試合結果
c0013127_032030.jpg意外と言っては失礼ですが足立学園は健闘したと思います。



c0013127_023588.jpgこちらは順当かなと思います。



c0013127_00339.jpg問題はこの試合です。
今大会ついに波乱が起こりました。試合は7回からしか観ていませんがすでに4-0でした。青山の投手がよかったという印象でしたが、すごいという感じではなかったので二松学舎はどうしたんだろうと思いました。


c0013127_23535837.jpgスコアをみてください。7-7で延長戦へ。
10回表攻玉社は3ランホームランで一挙3点を挙げる。
都大島の応援席は一瞬静まり返る。逆に攻玉社の応援席はお祭り騒ぎ。
確かに3点はきついと思った。
そして10回裏一死から都大島は粘る。四死球と安打で2点を返し、なおも一死満塁のチャンス。応援席はみんな緊張している。かたずを飲むとはこのことだと思った。
そして打者のバットは快音を残してレフトの頭上を越えていった。
逆転さよならタイムリーヒット。
今度はこっちがお祭り騒ぎ。打った瞬間応援席の全員が立ち上がり、ガッツポーズ。
そのくらいいい当たりだった。
これでついにベスト8。過去の最高記録に並んだ。
c0013127_1351571.jpg

明日は帝京戦。帝京は今日は試合がなかった。こっちは連投。
しかしこの時期の彼らは「そんなのは関係ない、帝京とやれて嬉しい」と思っている筈。
その意気込みを明日の試合にぶつけて欲しい。
がんばれ!18人の島っ子たち。


 
[PR]

  by rei7955 | 2006-07-26 23:11 | 高校野球

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE