<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

秋季大会 北海道

c0013127_221052100.jpg全国で始まった秋季大会。駒大苫小牧が負けた。それもコールドで。

<秋季北海道大会室蘭地区予選:北海道栄8-1駒大苫小牧>◇16日◇苫小牧緑ケ丘◇2回戦



 今夏の全国高校野球選手権で準優勝した駒大苫小牧(北海道)の来春センバツ出場が絶望的となった。16日、秋季北海道室蘭地区大会2回戦で、今春センバツ出場の北海道栄に1-8の7回コールドで敗れた。

 幕切れはあっけなかった。7回表2死走者なし。9番小鹿尚吾(2年)は初球をたたき二塁ゴロ。一塁へのヘッドスライディングもおよばず、試合終了。この回わずか6球ですべて内野ゴロの3者凡退に終わった。香田誉士史監督(35)は「栄さんが3枚も4枚も上手でした。全然差がありすぎるぐらい、差がありました」と完敗を認めた。

 道内公式戦の連勝記録も「32」でストップ。昨春の北海道大会1回戦(対白樺学園、7-9)以来、474日ぶりの黒星に加え、地区敗退は03年春以来11季ぶりの屈辱だった。林幸平主将(2年)は「やっぱり悔しい気持ちでいっぱいです。細かいところでミスが響きました」と反省した。

 初の全国制覇を遂げた04年夏は2年生6人がベンチ入り。V2達成の05年夏も2年生が6人。ところが3連覇を狙った今夏は3年生主体で2年生は投手2人だけ。高校生ドラフトを控える前エース田中将大(3年)がゲキを飛ばしたが、ほとんどが大舞台を踏んでおらず新チームは敗れた。

 香田監督は「栄さんの経験と見えない圧力が心理的に働き、ポイントでミスが出ました。ウチの弱さです」と分析した。05年連覇時の林裕也元主将(駒大1年)を兄に持つ林主将は「チーム一丸となってひと冬を乗り越え、最後の夏に絶対に甲子園に行きたいと思います」と力を込めた。
[日刊スポーツ2006年9月17日8時56分 紙面から]

まあ今までが強すぎたんだからいいんじゃあないでしょうか

[PR]

  by rei7955 | 2006-09-17 22:04 | 高校野球

早実の試合 東京都秋季大会

今日は早実の斉藤投手が記者会見まで開いて早大進学を発表した。

その早実は9/9に東京都秋季大会に出場した。優勝すれば来年のセンバツに出場できる。和泉監督も殆ど新チームをみることができないままの出場だった。
試合は早実らしからぬスコアになったがなんとか初戦をのりきった。
c0013127_013381.jpg

[PR]

  by rei7955 | 2006-09-12 00:15 | 高校野球

都市対抗 決勝

c0013127_2237653.jpg

c0013127_13585573.jpg

TDKは過去8回はすべて初戦敗退。都市対抗でまだ一度も勝ったことがなかった。
大会前にTDKの優勝を予想していた人はまずいないかっただろう。
今日の決勝戦も、昨年準優勝の日産自動車が勝つと予想されていた。

MVPの橋戸賞は全試合に登板したエースの野田。

今大会はドラフト候補のいるチームは意外と早く敗退していった。逆にプロ注目の選手がいないチームの快進撃が目立った。
優勝したTDKがそのいい例だ。

今日で社会人野球の夏が終わった。
次は11月の日本選手権だ。
[PR]

  by rei7955 | 2006-09-05 22:59 | 社会人野球

都市対抗 準決勝結果

準決勝
c0013127_13512766.jpg
c0013127_13514836.jpg

予想は見事に外れた。

JRは序盤の満塁の好機にことごとく凡退したのが痛かった。相手のエラーでもらったチャンスを生かさないと大きな大会では勝ち進めない。先発の小林を引っ張り過ぎて5失点は重かった。
光明は4回から登板した二番手山本投手。今大会初登板だったが被安打2 7奪三振 失点1と好投して意地をみせた。 
[PR]

  by rei7955 | 2006-09-05 22:34 | 社会人野球

都市対抗 予想

9/4 試合予定 準決勝
第1試合 14:00 JR東日本 - 日産自動車
第2試合 18:00 日本通運 - TDK

今年の大会は優勝候補が早々と姿を消したり、西日本勢が全滅という珍しい現象が起きている。
その代表例がJR九州。ドラフト候補の小松投手はたった一発のホームランで一回戦で姿を消した。


JR東日本は斉藤投手の出来が今のところ完璧。初戦は三菱重工広島を7回完封。準々決勝でもヤマハ相手に9回途中まで1失点。NTT東日本戦でもドラフト候補の上野を打ち込んで0-2の劣勢から逆転勝ちをしている。ストッパーにシダックスからの補強・森福が機能している。
日産自動車は打撃が好調。JRは先発投手が早々に降板して打ち合いになれば苦しい。

日本通運は昨年の王者三菱ふそう川崎に勝ったが、12安打、11四死球も得ながらサヨナラ勝ちではお粗末。
TDKはホンダに快勝した勢いがあるので日本通運はエースの益田の出来がカギ。

通常なら日産自動車と日本通運が勝ち進むと予想したいところだけど、個人的事情で決勝はJR東日本-日本通運ということにした。
[PR]

  by rei7955 | 2006-09-04 00:01 | 社会人野球

都市対抗 結果3

c0013127_2024962.jpg


c0013127_1065992.jpg

またしてもJR東日本のエース斉藤が頑張った。9回途中までで失点は1。ついにベスト4だ。
斉藤の持ち味は抜群のコントロール。140キロも出ないがストレート、変化球がコーナーに決まる。去年までは松井(現ヤクルト)の二番手で、気の弱さがあってフォアボールからボールを置きに行ったところを打たれていた。完投したのをみたこともなかった。矢張り松井がいなくなってエースの自覚が大きく成長させたのだろう。
最終回の一打同点の場面での両チームの応援は凄かった。バックネット裏で見たので左右両方からうなりのような応援の波が押し寄せてくる感じだった。
打線はホームラン2本だけの得点だった。しかし今日はミスらしいミスもなく、よく守りきった。
JR東日本に突出した選手はいない。
3試合で得点は10点、失点は3点。防御率は1点台。少ない得点を投手が守りきるという勝ち方。
各打者はようやく普段の力を発揮しはじめているので期待できる。
[PR]

  by rei7955 | 2006-09-03 10:28 | 社会人野球

都市対抗 試合結果2

c0013127_20165096.jpg

石川(中大)はNTT東日本のエース上野(東洋大)から決勝の本塁打をライトスタンドヘ打ったが、わざとベースから少し離れて打席にたち、外角を狙って打ったそうだ。
東都時代に何度も対戦しているから出来たことだと思う。さすが中大の4番だ。
この試合はJR東日本の監督の采配が当たった。先発は小林(立大)。球は速いが制球に難があった。しかし見事初出場で大役をこなした。NTT東日本は先発を斉藤と読んだと思う。それと大ピンチで救援した和田(平成国際大)が打者一人だったが左投げということで起用され抑えた。予選ではあまり出番がなかったが大舞台で持ち味を生かした。
抑えはシダックスからの補強の森福(豊川高)。日本代表でもあるが短いイニングならいけると思う。変化球が鋭い。予選ではシダックスのエースとして先発したが勝てなかった。悔しさをぶつけている感じで、マウンドでの動作が若くていい。
エースの斉藤を温存できたのがJR東日本にとっては大きい。
初戦では外野フライでタッチアップをしなかったり、昨日の第二戦では、気合が入りすぎて足がもつれて三塁でタッチアウトになったりしていたが、大分よくなってきてはいる。キーマンはキャッチャーの澤だと思う。

それにしてもNTT東日本のエース上野はよくなった。大学時代に比べて下半身が一回り太くなっている。相当走り込みなどをやっているのだろう。
さみしかったのは北道、向後の二人が出場しなかったことだ。

c0013127_2014156.jpg
JR東日本・石川の本塁打。確かにベースからかなり離れて立っている。左足が開いていないので力がたまり、バットに伝わる。
[PR]

  by rei7955 | 2006-09-01 20:44 | 社会人野球

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE